姓名判断
姓名判断
姓名判断
 姓名判断とは、名前からその人の性格や才能、適職、運勢を判断する占術である。流派を大きく二種類に大別する事ができ、 一つは名前を構成する文字の画数を、加算や減算をして数意を求め、その数意によって占う物と、もう一つは呼び方の五十音を五種類の音霊に分け、 その音霊のバランスによって占うものがある。ここでは、名前の数意から占う姓名判断を紹介する。

七運の算出方法

 私たちが何気なく使う名前には、数に働く霊導力によって運勢が左右される。これは人が信じようと信じまいとその力が働いている。そこでまず文字を数字に置き換える必要がある。
数意の求め方
まず、名前を構成する文字一つひとつの画数を求める。
苗字の合計画数を天運と言う。
名前の合計画数を地運と言う。
苗字の下一字と名前の上一字の画数を足したものを人運と言う。
姓名の合計画数を総運と言う。
総運から人運を引いたものを外運と言う。
総運から名前の一番下の文字の画数を引いたものを社会運と言う。
総運から苗字の一番上の文字の画数を引いたものを家庭運と言う。

※以上は、苗字2文字以上で名前2文字以上に適用され、苗字1字と名前1字の場合はこの限りではない。

令和こよみ 画数

姓名画数

天運

 先祖代々から受け継がれて来た精神的、物質的な運命の本質を解明する重要な部分です。どのような才能を持ち、欠陥を持ち、 そしていつ富み栄え、没落していくか等をここで判断します。母系家族か父系家族か、官僚型か商人型か等も見る事が出来ます。 また、核家族化した為に潰れていく姓、逆に栄えていく姓などが、天運で解ります。

数え歳56歳以降の晩年運を支配します。

天運の一字姓の場合は、運命補助数を加える事によって二通りの天運が算出される場合は、原則的に、離合集散が激しく、 盛衰興亡の波乱の運命を持っていると判断し、親から子への伝播伝達が難しく波乱も起こりやすいのです。 特に数え年29歳以降の人の変化は、甚だしいものがあります。

人運

 心の大きさ、判断力、感受性等を支配している部分。体では心臓に当たる重要な部分なので、性格形成や意思力の強弱、頭の良さ等がこの画数で解ります。 この人運部は本人の一生の考え方、ピンチの時の対処法が出てきます。

健康運に与える影響が強く、死亡時の病名診断に重大な手がかりのある部分です。 凶数だと、最愛の配偶者や子供が身代わりの病難者が出やすく、性格は孤独で浪費、病難、独断などの凶運現象が出やすくなります。

一般的には、数え年36歳~55歳までの人生期に強く影響を与えます。

地運

 親子の関係を支配する重要な部分です。地運は親子の信頼関係や健康状態、又金銭面と精神的裕福度、趣味や食事の好き嫌い等も解ります。 自分に子供が出来ると、その子と自分との関係が解ります。

凶数の場合ですと、幼少時に病弱であったり、事故や怪我などに会ったり、親との生死別や金銭的苦労が多く、家族縁が薄い様です。

名前が付いてから、数え年35歳迄の成長期を支配します。

総運

 総運数は、その人の一生で一度の大変動年を暗示し、その基本数は将来の運勢を予告します。生命力を支配する重要な部分です。 一つの事を最後まで努力を重ねて、粘り抜く力や忠誠心があるかどうかここで解ります。

凶数の場合は、決断力が弱くチャンスを掴み取る力弱く、縁遠い、病弱、住居移動、親との生死別等が多く出て、生活は不遇で波乱の多い人生です。

外運

 最も影響力の弱い部分ですが、対人関係を強く支配しますので、交際運、社会の信用度、人からの援助、おしゃれ度金遣い、 又家庭的視野からは、夫婦関係や安定度、感受性、病気を見ます。人運は本心を支配し、外運は外面を支配します。

凶数の場合は、夫は出張がちで留守が多く離婚に成りやすい。女性は夫や交際関係に報われず、外に出る事が多くなります。 また、付き合う人の影響を強く受けて大きなトラブルの渦中に巻き込まれたり、事故、災難、病難などが多くなる。

家庭運

 人間生活のすべてを支配する大きな力があります。吉数か凶数かで他の運数の軌跡まで変える影響力があります。 吉数ですと、家庭を大事にし、他人への思いやりが大きく、蓄財力や計画性、責任感強く家庭は円満ですし、会社経営者も部下への配慮良く繁栄します。

凶数ですと、家を留守がちにし、飽きっぽくて粘り強さなく、言葉が荒く金銭管理能力や計画性に乏しく、その日暮らしでチャンス永続は出来ない運勢です。 家出、離婚、浮気、我が儘、男性は遊び好きで女性は外に出たがります。ですから、離別、病弱、貧困、孤独、偏屈強情、嫁姑争い、 浪費、放浪、のたれ死に、行き倒れ、他人に看取られて死んで行く事が多いものです。

社会運

 社会運は交際運と言っても良いでしょう。運勢的には決定的作用はありません。
凶数だと動物を可愛がったり、植物いじりに興味を示します。

数意の意味 系列編

 数意は1~81までの数字に意味を持たせ、その一つひとつに違った意味がある。
簡単に系列ごとに説明すると、
1系列
1、11、21、31、41、51、61、71、81 は、
大きく伸びる、成長するの意味がある。
2系列
2、12、22、32、42、52、62、72 は、
穏やか、しとやか、繊細、補佐の意味がある。
3系列
3、13、23、33、43、53、63、73 は、
明るい、激しい、熱しやすく冷めやすいの意味がある。
4系列
4、14、24、34、44、54、64、74 は、
犠牲、世話好きの意味がある。
5系列
5、15、25、35、45、55、65、75 は、
育てる、中庸、平和の意味がある。
6系列
6、16、26、36、46、56、66、76 は、
厳しさ、冷たさ、義理人情の意味がある。
7系列
7、17、27、37、47、57、67、77 は、
正義感、義理人情の意味がある。
8系列
8、18、28、38、48、58、68、78 は、
まじめ、忍耐強い、平和、相続の意味がある。
9系列
9、19、29、39、49、59、69、79 は、
激しい、知性、感性、トラブルの意味がある。
10系列
10、20、30、40、50、60、70、80 は、
極端、集中力、お金の流通の意味がある。